【体験】レッスンは、毎月先着2席までになります。ご希望の方は空き状況をメール・LINEでお問い合わせください。
パソコン・スマホ・タブレットごと

パソコンの性能を知ろう!自分にあったものを選ばないとめっちゃ「使いにくい」パソコンになります。

さくら
さくら

はやこ先生にパソコンの性能のこと語らせるとキリがないので
今回は、パソコン選びに欠かせない3つの要素をピックアップするぜ!

パソコンの性能をはかる基本とも言える要素は

CPU(セントラル プロセッシング ユニット)
メモリー(ランダム アクセス メモリー)
ストレージ(HDDやSSD)

の3つの装置です。

これらがどんなことしているのかを
一目で説明するとこんなイメージです。

これらの性能は
販売店のポップやチラシにも
必ず記載されています。

写真は、Macの中古ですがWindowsでもほぼ一緒。

ただ書かれている内容
Intel?AMD?Core?Celeron?
ストレージは、HDD? 1TB?SSD? 256GB?
メモリーは4GB?8GB?16GB?

数字は何となく大きい方が良さそうだけど・・・

なんの知識もなく売り場に行くと
何の違い?どう違うの???

???だらけで
全くもってどれを選べばいいのかわからず
店員さんの言いなりになるしかないんです。

そのため目的に対してオーバースペックな
パソコンを購入させられることもあります。

さくら
さくら

教室への持ち込みされているパソコンもほど良いと言える機種は少なく、
販売店で最大グレードもの、もしくは最低レベルのパソコンが多いぜ!


CPU=プロセッサー人で例えると「頭脳」の部分。
実はこれがいちばん大事

この部分は取り替えが困難なので
これをケチっちゃうと購入当初はサクサク動いていても、数年後にはもっさり〜もっさり〜と遅くなってしまいます。

Intel(インテル)とAMD(エイエムデー)はCPUを作っているメーカーの名前。

インテルが有名ですが、AMDは同等性能のものがインテルより少し安価だったり性能が上とうたっていたりします。

CPU比較表 上が上位モデル

インテルAMDできることのイメージ
Core i7Ryzen 7一般的な動画編集やグラフィック制作
Core i5Ryzen 5複数のソフトの立ち上げと同時処理
Core i3Ryzen 3動画鑑賞、写真多用のOfficeソフト
CeleronAMD3150e
AMD3020e
web検索・閲覧、メール送受信、
文章主体のExcelやWord
CPUは、同じモデルナンバーでも性能違いがあったり、発売世代でも性能は違っていたりします。

多くの方は、Core i3で大丈夫。予算に余裕があればCore i5。
Celeronは、上手に使うか短い期間での買い替え検討であればこれでもOK。


ストレージ=これは本棚(保管庫)
保管容量は256GBあれば
あとは外部へ移すなりすれば、どうにかなるので数字の大小は割とどうでもよかったりしますが最近のストレージには、

HDD(ハードディスクドライブ)か
SSD(ソリッドステートドライブ)の
2種類があるんです。

これはSSD一択です!
CPUの性能あげるとパソコンの値段がぐんと高くなるので、SSD搭載機なら1ランク2ランク下のCPUを選んでも割と快適に動くんです!
ただ、SSDは大容量のものは高かいし、熱や、電気的な障害に弱く、壊れた時の復旧が困難だったりします。

さくら
さくら

どんなものでは故障はあり得るから、HDDにこだわる必要はないぜ。
それ以上に、一度SSD搭載のPC使うとHDDにはもう戻れな〜い!くらいSSDは快適なんだ!
ただし、小容量だとソフトウェアだけでほとんどデーターを収容できないので256GBくらいは欲しいぜ!


RAMメモリー=作業テーブル
ストレージから取り出したもの(データーやアプリ)を見たり編集する場所。
作業場所が狭いとスムーズにパソコンが動かなくなるので、多めの物を選ぶか、購入時に増設してもらうか、将来増設できるものなのか?確認しておいてください。

さくら
さくら

現在、4GBのメモリーだとWindows10や11が動くのに「やっと!」で他のことがスムーズにできなくなるぜ!8GB以上を選ぼう!

メモリーは、自分で増設できるようにスロット(差し込み口)を空けてくれて入りことが多い!
対応メモリーを購入したら、静電気には注意してパチンと止まるまで差し込んでください。

さくら
さくら

購入して3、4年したパソコンが遅いと感じたら
ほとんどがメモリ不足だぜ!

メモリーやストレージは、
パソコンを開くと素人でも割と取り替えれたりする部品だったりしますが
初心者や機械苦手さんにはとんでもない事!

また、最近のパソコンは
カンタンには取り替えできないように開け難くなっていたり
基盤に一体化していて取り替え自体ができなくなっていたりします。

できるだけ、長く快適にパソコンを使うなら
この3つの装置についてだけでも
「購入時」にしっかり押さえてくださいね!

コメント

よろしければ、P.C作楽をお友達にシェアしてください♪
よろしければ、P.C作楽をフォローしてください♪
P.C作楽「ぴーしぃさくら」~パソコン・スマホ・タブレット教室です。
タイトルとURLをコピーしました