新型コロナウイルス「感染予防」をしっかり行いながら皆様のお越しをお待ちしております。

画面、真っ黒だけどこのパソコンつぶれてません!

パソコン・スマホ・タブレットごと

パソコンつぶれた~!と
生徒さんから
よくご相談いただくのですが

故障でないケース多くがあります。

起動しない、真っ黒の画面のまま!

この正体は、
何度もブログに書いている

Windowsアップデートの
つっかえ!!!

今回お持ちのパソコンも
やっぱりそれでした。

お預かりして
一晩、電源を入れたまま
ネットにつないだままにして

翌朝、確認すると
ちゃんと起動画面へ!

ただ!
このパソコン無線LANアダプタは
本当に壊れていたらしく

有線接続したことで
やっとWindowsアップデートを
受け取ることができ

通常起動ができるように
なったようです。

更新プログラムがたくさん溜まっているときは、無線だとネットが不安定だったり時間かかったりするのでなので、有線LANをつなぎます
飛行機のマーク(機内モード)が、ドライバーソフトを更新したり入れなおしたりしても解除できず、どうもアダプタが壊れているみたい

無線LANアダプタは
内蔵のものを取り換えるのは
面倒なので外付けを購入してもらい

対応していただきました!

USBで接続するものがお手軽です!

Windowsアップデート
(更新プログラム)は

基本、自動更新するものなのですが

1日のパソコンの使用時間が
短かったり、

数週間~数か月
パソコンを使わない期間があると
うまく更新できません。

少なくとも月1の定期更新と
年2回の大型更新がありますので

それらが溜まると
真っ黒の画面にまま
何時間も停止したような
状態になるようですので

毎日とは言いませんが
数日ごとに起動して

何も操作しなくてもいいので
パソコンを放置する時間を
作った方がいいようです。

はやこ
はやこ

最近、読んだ記事では
1日8時間以上電源入れて、ネットにつながる環境でないと
自動更新ができない可能性があると書いてありました。

Windowsのアップデートは

何をしてるの?
アップデートに時間を取られるのなら、
パソコンは今、ちゃんと動いているので
いらないのでは?

とよく言われるのですが

悪い人はどんどん進化
新しい悪さを考えつきます。

また、こうなればいいな?と
新しい機能が追加されることもあります。

それらに対応するのが
アップデート(更新)なんです。

さくら
さくら

パソコンのOS(基本ソフト)が
Microsoftにサポートされている期間は
無料だし、安全に使うためにも
アップデートは受け取るべきだぜ!

アップデート作業手順は、

①ダウンロード
 インターネットを通じて
 大事なデータ(荷物)をパソコンに運んできて

②インストール
 荷ほどきして、パソコンの適所に置き

③再起動して更新プログラムの構成…

この③の作業は、
インストールの一部なんですが
ちゃんと配置できているか?動くのか?

をパソコンが確認している時間と考えると
時間がかかるのもご納得いただけるのでは
ないのでしょうか???

たくさん溜まっている場合は、何度もダウンロードやインストールを繰り返し
更新プログラムの構成しています・・・と出たり

再起動を数度繰り返すことでアップデートが進みます。

さくら
さくら

アップデート手順や時間は、
大きな変更のある時、ちょっとした修正など
内容によって違ってくるぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました