現在、【新規】生徒様の募集は中止しております
パソコン・スマホ・タブレットごと日々綴り

やっと!でた!!!サポート詐欺画面はこんなところに潜んでます。

「助けて〜」と
お持ち込みされたパソコンには
すでにサポート詐欺の画面が開いていて

不安だと思うし、
警告音はうるさいし〜なので
取り急ぎ「閉じ」ちゃいます。

閉じた後に
「何をしていたら出てきたのかと?」
お聞きしても動揺されているので詳しくわからず。

実際に『何を?』クリックして

「サポート詐欺」
画面が出てくるのかがわからないままでした。

私自身、人一倍ネット検索をしてると思うのですが
未だ「詐欺」画面に当たったこともなく、、、

ですが!ついに出ました!

マイクロソフトっぽくアメリカの電話番号書いてるけど「偽のサポート」電話です!
さくら
さくら

ウィルス感染や個人情報の漏洩なんて
マイクロソフトがサポートなんてしないぜ!

さてさて肝心の
「サポート詐欺」画面へ誘導される
きっかけの場所なのですが!

ページトップの画像ではどこのサイト名は隠したのですがここでは実際の画面を載せておきます。

なんと本当に普通の検索結果!
ですが、よ〜く見てください。

サイト名の上に「スポンサー」の文字が!!

これって「広告」なんです。

で、リンク先のURLを調べると
「https://www.googleadservices.com/pagead/・・・」と
長〜いURLが出てきました。

これ
Googleが掲載している
広告だよ〜ってURLなのです。

「楽天」と思わせて全く違う
「詐欺サイト」へ転送される
仕組みになっているみたいなのですが

広告の出稿元はわからなかったので
とりあえず広告を掲載しているGoogleへ
「違反」の報告をしておきました。

さくら
さくら

報告がされるとGoogleも対策してくれると思うが、
身を守る術は覚えておこうぜ!

「詐欺」から身を守るために
皆さん!が、まずできることは
「広告」を見破って
「広告」リンクに触れない!

ことです。

広告か広告でないかは、
少し注意して見ればわかります。

「スポンサー」と表示があったり。

「広告」や「PR」とか
インフォメーションマークがあったりします。

インフォメーションマークは
下の画像みたいなものです。

色や形は様々で
小さく表示されています。

タップして記事を見る前に
写真や文章の4隅を
見逃さないように確認してください!

それでも
もし、詐欺画面が出てきましたら
以下の手順で閉じるようにお願いします。

サポート詐欺の画面は、ウィルスではないので「閉る!」と特に問題が残ることはありません♪

また、電源長押しのシャットダウンはパソコンを「痛めて」しまうかもしれませんので、なるべく「Ctrl」+「Alt」+「Delete」で「アプリを終了」するか画面右下に出てくる電源ボタンで「シャットダウン」するようにしてください。

コメント

  1. J。S。 より:

    この前やられました。
    無料漫画読んでたら、左の下になんか出て、改ページ押そうとしてそっちに触ってしまい。
    CtrlAltDeleteも効かず結局電源長押し。
    漫画サイトはちゃんとした(?)メディアだったのだが、変な広告に混ざって巧妙に落とし穴作ってますね。

    • sacra より:

      ポップアップにリソース食われて、タスクマネージャー立ち上がんなかったんね〜>_< 普通にヤフー、普通にGoogleで出てくるからタチが悪すぎます。広告収益しているサイトであればあれやこれや広告触らす手口もエスカレートしてるのでほんとタチが悪い。

よろしければ、P.C作楽をお友達にシェアしてください♪
よろしければ、P.C作楽をフォローしてください♪
P.C作楽「ぴーしぃさくら」~パソコン・スマホ・タブレット教室です。
タイトルとURLをコピーしました